So-net無料ブログ作成

東日本大震災 復興のための慈善演奏会 in ベルリン

皆さんこんにちは。
この間の火曜日は3月3日で雛祭りでした。
女性の方、或いは女の子がいる家庭では雛人形を飾ったのではないでしょうか。

これは ↓ 我が家に常時飾ってある一刀彫の雛人形です。
DSC_4765.JPG


三月三日はベルリンのフィルハーモニー・ホールで慈善演奏会でした。
DSC_4714.JPG
DSC_4725.JPG
3.JPG

このコンサートは、東日本大震災で被害を受けた福島の復興の為のもので、プログラムは
高田三郎 : 水のいのち
ベートーベン : Symphony no.9
指揮が荒谷俊治さん、ピアノが作曲者のご令嬢高田江里さん、そして合唱も日本から来た人達でした。

指揮者の荒谷先生は80才を超えるご高齢でありますが、リハーサルも本番もエネルギッシュにタクトを振っておられました。
作曲者のご令嬢の高田江里さんとは、リハーサルの合間に少しお話をさせて頂き、荒谷先生との関係やデトモルト(ドイツ)留学時代のお話などを伺いました。
短い間でしたが、とても楽しい時間でした。

記念にサイン入りの楽譜も頂き、有難うございました。
DSC_4762.JPGDSC_4763.JPG


それから今回サプライズな[黒ハート]再会[黒ハート]がありました。

同僚のビオラ奏者が昔ミンスク(ベラルーシ)のオーケストラにいた頃、荒谷先生がそのオーケストラを指揮したことがあったそうです。
DSC_4722.JPG
ビオラの彼は30年くらい前のことを、とても懐かしそうに語っていました。

自分も2年ぶり(?)にベルリン在住の画家、姫野慎二さんと[黒ハート]再会[黒ハート]しました。
DSC_4760.JPG
舞台裏にある楽団用のカフェ・テリアでのツーショットです。

姫野さん撮影の写真
IMG_3346.JPG
IMG_3350.JPG

今回ちょっと面白い(? 興味深い)方を見かけました。
合唱指揮をされた方で、赤色の服を着て髪の毛も赤く染めて、全身赤ずくめでした。
2.jpg

この方、日本でも普段この格好をされているのでしょうか。


ちなみに後から聞いたのですが、
この演奏会の模様が少しだけNHKニュースで放送されたそうです。
でもどこにカメラがあったか全く気が付きませんでした。
う~ん、ベルリンのフィルハーモニー・ホールだから、もしかしてどこかの壁にカメラが常設されているのかもしれない・・・・・。(そんな訳ないか 笑)
いやー クワバラクワバラ。(笑)


当日フィルハーモニー・ホールに着いたら、オランダの指揮者ハイティングさんがベルリンフィルとリハーサルをしていました。
DSC_4706.JPGDSC_4704.JPG

これってニアミス?(笑)



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

のび太

素敵なコンサートでしたね!
ベルリンへ行ってみたいです。
by のび太 (2015-03-07 13:34) 

Tommy

日本人の皆さんとも話が出来ましたし、楽しかったです。
ベルリンってドイツの他の街と違って、インターナショナルな都市ですよね。
by Tommy (2015-03-11 05:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。