So-net無料ブログ作成

引っ越し [日常]

オーボエの音について苦情が来たので引っ越しました。

今まで住んでいた所に入る時に、「自分は音楽家で、家で練習しなければならない。」とはっきり言ったので、契約書に「法律で定められた時間内であれば、自由に練習して良い。」と特別に書き込んでもらいました。なので基本的に引っ越す必要は無かったのですが、これも「神の思し召し??」(笑) と思い引っ越すことにしました。
今度住む所は、下見の時にオーボエを吹いてみたところ、階段まで音が漏れていたので契約するかどうか迷いました。
多い時はリード削りも含めて、家でオーボエを5~6時間吹くので、「玄関のドアをごっつい物に換えてくれないか?」と大屋さんに訊いたところ、「では廊下に壁を作りましょう。」と予想を上回る返事がきたのでここに決めました。
以前このブログでも紹介した、街が非常に栄えていたグリュンダーツァイト(Gründerzeit)という時代にこの建物が造られたので、景観を変えてはいけないと法律(Denkmalschutz)で規制されています。なので外見だけではなく室内のドアまで昔のままです。
ドイツ人はアンティーク好きですが、こういう感覚が昔からの景観、音や響き、そして伝統がこの国に沢山残っている要因なのではないでしょうか。
ちなみに浴室は床暖房になっていて内装もモダンですが、ドアは昔のままという何ともアンバランスなアパートです。(笑)

改装工事前の建物の外観
7.jpg

「うちはあんまり物は無い。」と思っていましたが、あるんですねぇ、やっぱり。(笑)
8.JPG9.JPG
  最終的には50箱を超えてしまいました。   撮りためた音楽ビデオも残念ながら処分。

造ってくれた壁(防音・防火剤をたくさん入れてと言っておきました 笑)。
1.JPG2.JPG3.JPG
      工事前              工事中               工事後

新しい所にはまだ家具などが来ていないので、広々とした感じです。
10.JPG11.JPG


これでお終い??(笑)
12.JPG
ケーブルTV&インターネットの接続に技術者が来たのですが、「合う蓋が無いから、後は大屋に言ってくれ。」と言って帰って行きました。
さすがドイツです。(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。