So-net無料ブログ作成
検索選択

イースター Osterfest & 桜記念日 2017 [日常]

今年のイースターはとても寒く、雨、みぞれ、強風、晴れ、曇りなど、何でも有りの天気でした。

ちょっと分かりづらいのですが、みぞれが降っているところです。
DSC_0007.JPG

聖金曜日(Karfreitag)には教会でファッシュの曲を演奏してきました。
DSC_0184.JPGDSC_0198.JPG
この10番目の曲は、弦楽器のピチカートの伴奏にオーボエとテノールが独奏(独唱)するアリアで、演奏していてとても気持ちが良い曲です。
先日演奏したRockのコンサートとは全く違い、緊張感のあるクラシック音楽独特の雰囲気のコンサートでした。やっぱりクラシック音楽の演奏会は良いですね。

イースターなので、街中には卵とウサギのオブジェが沢山ありました。
DSC_0237.JPGDSC_0268.JPG

ウサギの着ぐるみを着た人が、子供たちにお菓子を配っていました。
DSC_0260.JPGDSC_0254.JPG

こんな着ぐるみを着た人もいました。
DSC_0226.JPG
これってウサギじゃなくてオオカミに見えるんですが・・・。(汗)


桜記念
今年の桜は例年より10日程早く満開になりました。
数年前は記憶に無いくらい遅く満開になりましたが、こんなに早く桜が満開になったのも初めてかもしれません。
DSC_0099.JPGDSC_0112.JPGDSC_0008.JPG
Vase (1).JPG

最近は白鳥が公園や畑に一年中いたり、桜の満開がとても早かったり遅かったりと、ちょっと不思議な現象が起こってますね。(笑)




nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

引っ越し [日常]

オーボエの音について苦情が来たので引っ越しました。

今まで住んでいた所に入る時に、「自分は音楽家で、家で練習しなければならない。」とはっきり言ったので、契約書に「法律で定められた時間内であれば、自由に練習して良い。」と特別に書き込んでもらいました。なので基本的に引っ越す必要は無かったのですが、これも「神の思し召し??」(笑) と思い引っ越すことにしました。
今度住む所は、下見の時にオーボエを吹いてみたところ、階段まで音が漏れていたので契約するかどうか迷いました。
多い時はリード削りも含めて、家でオーボエを5~6時間吹くので、「玄関のドアをごっつい物に換えてくれないか?」と大屋さんに訊いたところ、「では廊下に壁を作りましょう。」と予想を上回る返事がきたのでここに決めました。
以前このブログでも紹介した、街が非常に栄えていたグリュンダーツァイト(Gründerzeit)という時代にこの建物が造られたので、景観を変えてはいけないと法律(Denkmalschutz)で規制されています。なので外見だけではなく室内のドアまで昔のままです。
ドイツ人はアンティーク好きですが、こういう感覚が昔からの景観、音や響き、そして伝統がこの国に沢山残っている要因なのではないでしょうか。
ちなみに浴室は床暖房になっていて内装もモダンですが、ドアは昔のままという何ともアンバランスなアパートです。(笑)

改装工事前の建物の外観
7.jpg

「うちはあんまり物は無い。」と思っていましたが、あるんですねぇ、やっぱり。(笑)
8.JPG9.JPG
  最終的には50箱を超えてしまいました。   撮りためた音楽ビデオも残念ながら処分。

造ってくれた壁(防音・防火剤をたくさん入れてと言っておきました 笑)。
1.JPG2.JPG3.JPG
      工事前              工事中               工事後

新しい所にはまだ家具などが来ていないので、広々とした感じです。
10.JPG11.JPG


これでお終い??(笑)
12.JPG
ケーブルTV&インターネットの接続に技術者が来たのですが、「合う蓋が無いから、後は大屋に言ってくれ。」と言って帰って行きました。
さすがドイツです。(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

チャリティ・コンサート 2017 [日常]

昨日は小児癌チャリティー・コンサートでした。
毎年この時期に行われますが、いつも沢山の方々が来てくれます。
13.jpg

曲目は
ロッシーニ:序曲「ウィリアム・テル」
パガニーニ:ビオラとオーケストラのためのソナタ
スメタナ:モルダウの流れ
グリーグ:ペールギュント組曲より「朝」
ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容
ドボルザーク:スラブ舞曲第8番(アンコール)
10.JPG12.jpg
毎年このコンサートでは皆が知っているような有名な曲を多く演奏するのですが、今回のパガニーニとヒンデミットはあまり馴染みのない曲だと思います。
このビオラの独奏曲は、パガニーニ特有の陽気なメロディと心にしみるようなメロディの2つがあり、バイオリンの曲のような華やかさもある作品です。
そしてヒンデミットの曲は4楽章あり、第1楽章はヒンデミットらしいコミカルというかひょうひょうとした旋律が流れます。
第2楽章は冒頭のフルートやクラリネットのソロを聴くと綺麗なメロディが続くのかなぁ と思われるのですが、その後に始まるリズミックなメロディとうねるような木管楽器と弦楽器の動きがあり、華々しいフーガへと続きます。
          第2楽章の冒頭部分
16.JPG
第3楽章は心が落ち着くゆっくりなメロディの緩徐楽章、そして第4楽章は金管楽器のファンファーレで始まる華々しいマーチです。

8.jpg
15.JPG

普段は別々に演奏活動をしている人達が、この日の為に集まりました。
少ないリハーサルでしたが、皆さん頑張って演奏していました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

お正月 2017 [日常]

あらためましてもう一度、
明けましておめでとうございます。

皆さんはお正月をどのように過ごしましたか?
ここドイツは今年の元旦も快晴でした。
今年は部屋の壁に日本の国旗「日の丸」を掛け、少し正月っぽくしてみました。
1.JPG2.jpg

ドイツは1月2日から平日なので、今はもうすっかり日常生活です。(汗)
自分はというと、年末から風邪気味で年末年始の仕事(本番)はのりきったのですが、その後状態は改善せず、耳が詰まり頭も痛くなったので医者に行ってきました。
今月は本番が続くのでここで無理はしない方が良いと思い、今週末の本番はお休みしました。

天気も「この冬は寒くなくていいなぁ。」なんて思っていたら、やって来ました寒波が。(笑)
4.png5.png
昨日は場所によって-30℃位まで下がったとか・・・。
昨日今日と暖房の調子が悪く、風邪気味の自分にとってはシンドイ寒さです。


雨どいには正月に降った雪が残っていましたが、そこに鳥(ハトかな?)の足跡が残っていました。酉年らしい年明けでした。(笑)
3.JPG



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

市内散策 [日常]

昨日は久しぶりに、石窯で薪を燃やして作るピザ屋さんに行って来ました。
この店にはよく来るのですが、ここのピザは美味しくて大きいのが特徴です。
DSC_9681.JPG
食べきれない人も多く、残りはお持ち帰り用の箱に入れてくれます。


食事の後は、腹ごなしに自宅まで散策です。(笑)

ピザ屋さんの近くには、「チャイコフスキー通り」という路があり、この付近には目覚ましい経済発展を遂げた19世紀後半~20世紀はじめの建造物が数多く残っています。これだけまとまって残っている地域はヨーロッパで他には無いという話です。グリュンダーツァイト(Gründerzeit)と呼ばれ、好景気に沸き、豪華な建造物が次々に建てられ、その頃の繁栄ぶりは今の街並みにも浮かび上がるほどです。
DSC_9684.JPG
DSC_9689.JPG
DSC_9694.JPG
DSC_9697.JPG
これは面白い(というか強引な)駐車の仕方ですね。(笑)
DSC_9699.JPG

このチャイコフスキー通りを右に曲がり「グスタフ・アドルフ通り」を歩いて行くと、作曲家グスタフ・マーラーが、ライプツィヒ歌劇場の音楽監督を務めた時に住んでいた建物も残されています。
DSC_9703.JPGDSC_9706.JPG
ここで彼はあの有名な交響曲1番「巨人」を書いています。


この豪華な建物が並ぶ地区を過ぎ、そのまま歩いて行くとローゼンタール(Rosental)という公園(広場?)があります。
DSC_9710.JPG
天気が良かったので、スポーツや散歩、日光浴をする人がいました。

このローゼンタールの隣には動物園があり、少しだけ中が見えるようになっています。
DSC_9725.JPG
今日はキリンとダチョウが見えました。(笑)


ローゼンタールを抜けて住宅街に入ると、「ゴーリスの小さなお城」と言われる1756年に完成したバロック様式の市民邸宅があります。ここは音楽家たちの社交や演奏会の舞台となった所で、今も様々な催しに使われています。
Gohlis Schlosschen.jpg

そしてさらに歩いて行くと、普通、古風、モダンな建物が3つ並んで建っていました。
ちょっと面白かったのでPhotoしてみました。
DSC_9731.JPG
よく観ると分かるのですが、真ん中の古風の建物は天井が高く3階までしかないのですが、一番向こうのモダンな建物は屋根裏を含めて同じ高さで5階もあります。
ドイツ人はこういうモダンで天井が低い建物はあまり好きではないので、7~8割位しか住んでいませんでした。


ピザ屋さんから自宅まで散策して、歩いた時間は約1時間。
薄っすらと汗をかいたので、食べた物を少し消化したかもしれませんね。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ポツダム 2016年9月 [日常]

ポツダムに行って来ました。

ポツダムという街は、ベルリンから在来線で南西に向かって30分くらいの所にあり、ベルリンから日帰りで観光するには丁度良い所です。
長いことドイツに住んでいますが、今回初めて行って来ました。

日本人にとってポツダムと言えば、歴史の授業で誰もが勉強する、あの「ポツダム宣言」を行った場所として有名ですが、こちらの人達にはフリードリヒ大王(フリードリヒ二世)が造らせた、夏の居城サンスーシー宮殿の方が見所のようです。

「サンスーシーへの並木道」というコジャレた名前の通りの先にサンスーシー庭園があります。
1.JPG

段々畑の様なブドウ園の上に建っている、世界遺産のサンスーシー宮殿。
2.JPG

建物はあまり大きくなく寝室と客間などしかないのですが、部屋の装飾は豪華でした。
細長く出来ている待合室
4.JPG6.JPG

フリードリヒ大王はとても音楽好きで、この部屋で彼はフルートを演奏していました。
14.JPG
11.JPG13.JPG
2013年のリサイタルでC.P.E.バッハのソナタを演奏(先月のリサイタルでも演奏しました)した時に、フリードリヒ大王とC.P.E.バッハとJ.J.クヴァンツの3人が描かれている絵画をプログラムに使用しましたが、その絵の光景はまさにこの部屋で行われていたパーティーの様子です。
こんな感じだったんでしょうね。 ↓↓
35.jpg
(2013年リサイタルのプログラムで使用)

この部屋のC.P.E.バッハが弾いていたピアノの前で写真を撮ってみました。(笑)
15.JPG

他にも色々な部屋がありました。
22.JPG21.JPG

図書室          
7.JPG8.JPG

大理石の間
17.JPG16.JPG



こちらはポツダム会談が行われた建物です。
27.jpg
サンスーシー宮殿の華やかさとは全く違う雰囲気です。

ここがポツダム会談が行われた部屋です。
29.JPG
当時の様子
32.JPG

33.JPG31.JPG



nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

ヤマハ アトリエ東京 & 北鎌倉 in Japan [日常]

リサイタルが終わって2週間ほど時間があったので、ヤマハのアトリエ東京や鎌倉に行って来ました。

アトリエ東京では、ヤマハのオーボエを試奏させて頂きました。
Hirota-modelは、より音を意識した楽器で今までのヤマハより太くて柔らかい音が出るので、オーケストラで演奏する人にはいい楽器だと思いました。
2.JPG1.JPG
                            オーボエ・リペアの肥田さん


今回もジャパンレイル・パス(JRの電車が乗り放題)を買って帰ったのですが、時間が無く残念ながら使わずに帰ってきました。しかし、日帰りで I 先生に北鎌倉をご案内頂きました。

JRの北鎌倉は小っちゃいんですが、ホームが凄く長い駅でした。
1.JPGDSC_9335.JPG

建長寺の入口の横にある、「鉢の木」という料理屋さんで精進料理を頂きました。
4.JPG7.JPG
8.JPG

料理を頂いた後に街を歩いていると、色んな光景を目にしました。
   いきなり人力車とすれ違いました。            昔の武家屋敷みたいです。
10.JPG11.JPG

日本には珍しい暖炉のある家でしょうか。   無数の竹を垣根にしている家もありました  
12.JPG13.JPG

浄明寺という住所の住宅街を歩いていると、突然「コチチカ」という名前の喫茶店があります。
14.JPG15.JPG

中に入ると、そこは異国情緒が漂う落ち着いた雰囲気でした。
16.JPG

ここでは本物のフルーツ・ティーを頂きました。
18.JPG
生のフルーツや洋酒に付け込んだフルーツが贅沢に沢山入っています。

北鎌倉駅の改札を出てすぐ横にある和菓子屋さんで、和菓子をいただきました。
20.JPG23.JPG
21.JPG22.JPG
この和菓子屋さんは円覚寺に納品しているお店で、店の中には先代の御住職様が書いた書が飾られてました。

鎌倉には変わった名前の地名がありました。
DSC_9286.JPGDSC_9236.jpg

この「岐れ路」という交差点には、昔ながらの魚屋さんがありました。
DSC_9290.JPGDSC_9296.JPG

ここで買った鯵のミリン干しがすっごく美味しかったです。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

歯のインプラント治療 [日常]

先日、やっと歯のインプラント治療が終わりました。
前歯だったので、途中骨を厚くする治療も受け、結局2年半かかりました。
この間にR.シュトラウスのオーボエ協奏曲やサリエリの二重協奏曲、それに日本でのリサイタルなどもありましたが、大きな障害も無く無事に終わりました。
これからはこの新しい歯と付き合っていくことになりますが、今後何事も起こらなければいいなと思っています。

今までお世話になった歯の一つです。
Zahn.JPG

こんなこともしました。
DSC_8142.JPGDSC_8144.JPG
(主治医の先生の撮影)

同じ建物の3階にあるこの部屋で、インプラントや差し歯用の歯を作ってくれます。
DSC_8150.JPG

向って左側が主治医の先生で、右側が歯を作ってくれた技師の方です。
DSC_8148.JPG
この歯医者さんには、この街に来た時からずっと診てもらっているので、もう?0年以上の付き合いになります。
彼はただ者じゃぁないみたいで、大学でも教えているとか・・・。
いい歯医者に診てもらって良かったです。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

桜記念2016 & 寿司バーのオープニングパーティー [日常]

五月に入り日本はもうサツキが見頃だと思いますが、ドイツでは先日まで桜が見頃でした。
今年も自分の中では恒例の、桜の写真を撮ってきました。

DSC_8634.JPG

今年は桜が七分咲きくらいの頃に気温が急に下がり、満開になった頃また気温が上がるという、桜が長く観られる良い天気でした。

これは4月18日に撮った写真です。
DSC_8528.JPG
この日はTVカメラが来ていました。

そしてこれは4月25日
DSC_8649.JPGDSC_8655.JPGDSC_8665.JPGDSC_8667.JPG

これは5月1日
DSC_8697.JPG

今年はかなり長く桜を楽しめました。


その数日後には、以前からお世話になっている大将Hさんの寿司バーのオープニング・パーティー(食べ放題 笑)に行って来ました。
去年の5月にオープンする予定だったそうなのですが、1年遅れて先日オープンしました。
大将Hさんが以前勤めていたレストランを辞めてから、こっちではお寿司を食べていなかったので、有難い&楽しみです。

Sushi Bar Opening (4).JPG
Sushi Bar Opening (2).JPGSushi Bar Opening (3).JPG
Sushi Bar Opening (1).JPG

しっかり刺身盛り合わせも頂きました。
Sushi Bar Opening (11).JPG

また近々行きそうです。(笑)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

リスの餌付け & 自宅のり巻き [日常]

またまたリスの餌付けに行って来ました。
ドイツも暖かくなり、すっかり春めいてきました。
                                  
1.jpg3.JPG
                                   トトロの後ろ姿みたいですね。(笑)

最初は用事深かったのですが、いざ食べ始めると、食べるのに夢中になり沢山ほおばっていました。
4.JPG5.JPG

6.JPG
7.JPG8.JPG

先日、ライプツィヒ在住の友人家族とウクライナ出身のダンサーの知人を招いて、みんなでのり巻きを作りました。
DSC_8424.JPG1.JPG

彼女ものり巻きに挑戦しました。
2.JPG3.JPG3-2.JPG

食事の後は自宅でフィットネス教室でした。(笑)
4.JPG5.JPG

彼女のお父さんはコザックダンスのダンサーでお母さんはバレリーナという家系です。
流石さまになってますね。



nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽