So-net無料ブログ作成

宗教改革500周年記念演奏会2 [音楽]

先日の10月31日は、マルティン・ルターの宗教改革500周年の祝日でした。
P_20171031_162635_vHDR_On.jpg

今年ドイツのプロテスタント系の地域では、この日に向けて様々な催し物が行われていました。
自分のオーケストラでも、一ヶ月ほど前にルターの故郷アイスレーベンという街で演奏したり、先週末の定期演奏会でもメンデルスゾーンのSym.5「宗教改革」を演奏しました。
宗教改革500年周年の10月31日には、ルターが作った讃美歌「神はわがやぐら( Ein feste Burg ist unser Gott)」を用いた曲、O.ニコライの序曲「Ein feste Burg ist unser Gott」とメンデルスゾーンのSym.5「宗教改革」を教会で演奏しました。
メンデルスゾーンは地元ということもありよく演奏するのですが、O.コライの曲は今回初めて演奏しました、というかこのような曲があること自体知りませんでした。
世の中には色々な曲があるんですね。(笑)
15.jpg
14.jpg9.jpg
12.jpg


街にはルターに関する催し物のポスターがあります。
17.jpg

近所のパン屋さんも宗教改革パン(笑)を売っています。
20.jpgP_20171027_085959_vHDR_On.jpg


そしてハロウィンでもあるので、子供たちがお菓子をもらいに家を周っています。
P_20171031_190810_vHDR_On.jpg21.jpg


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

演奏会 in フラウエン教会(ドレスデン) [音楽]

先日、ドイツ・ザクセン州の州都 ドレスデンに行ってきました。

15.jpg

ラファエロの絵「システィーナの聖母」が展示されている美術館があるツヴィンガー城
5.jpg
4.jpg

ゼンパー・オーパー(オペラ・ハウス)      市内には馬車も走っています。
12.jpg18.jpg


今回は時間があったので市内観光もしたのですが、主な目的(笑)は演奏会です。
エキストラで参加した演奏会でしたが、自分が演奏した曲はモーツァルトのSym.40番g-mollとヘンデルの「シバの女王」でした。
Sym.は初稿版の楽譜をもらったのですが、なぜだか(指揮者の意向と思いますが)クラリネットも入っていました。(笑)
この変わったバージョンだと、ほぼすべてのソロの所がクラリネットと重なってしまうので、あまり自由のきかない演奏になってしまいました。
「シバの女王」は今回初めてでしたが、前から演奏してみたい曲だったので、丁度いい機会でした。この曲は聴いても演奏しても楽しい曲です。(笑)
演奏した所は街中にあるフラウエン教会でしたが、この教会は第二次世界大戦で崩壊し長いこと崩れたままになっていました。
しかしドイツ統一後、著名な音楽家(トランペット奏者ルートヴィヒ・ギュトラー)達の運動をきっかけに、世界中から寄付や援助が集まり、10年ほど前に復元されました。

16.jpg6.jpg

この教会はあまり大きくないのですが、天井が高いので残響が凄くあります。
広くて残響がある所で演奏すると、音が飛んでいくような感触を受けます。
この様な空間では気持ち良く演奏できます。
内装がとてもエレガントなのでクラッシック音楽(特にバロック音楽)にはとても合う空間でした。
1.jpg
23-2.jpg22.jpg

この教会には地下にも広い空間があり、ここでも何か催し物が行われるそうです。
24.jpg

今回は演奏者の控室として使わせて頂きました。(笑)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

宗教改革500周年記念演奏会1 in アイスレーベン(Eisleben) [音楽]

つい10日程前までは、プラハの剣道大会や講習会に参加して気分は剣道モードでしたが、10月に入りドイツ統一記念日の演奏会に始まり、今週末も含め色々なプログラムで5回の演奏会があります。今はもう完全に気分は音楽モードです。

10月1日のドイツ統一記念日コンサートでは、ブルックナーのミサ曲ヘ短調とテ・デウムを演奏しました。
22278678_1486238541452572_845417140_n.jpg

舞台の両脇と後ろの客席には合唱の人達
1.jpg


10月3日は、以前もこのブログで紹介したルターの街アイスレーベン(Eisleben)の教会で、新しく作曲されたミサ曲の世界初演でした。
22237229_1486256448117448_919028321_n.jpg32.jpg

このミサ曲の13番目にはルターが作詞・作曲(1529年)した、「神はわがやぐら」(Ein' feste Burg ist unser Gott)の讃美歌が使われています(このメロディーはメンデルスゾーンの交響曲5番「宗教改革」でも使われています)。
34.jpg
38.jpg
作曲・指揮した人とピアニストには大きな拍手が送られていました。


今年はキリスト教の宗教改革500周年です。(ローマ・カソリックから分離したプロテスタントが誕生するきっかけとなったルターの95ヶ条のテーゼ発表から500年)
キリスト教プロテスタント系の地域では色々な催し物が行われています。

   ルターの生家           隣接するミュージアムの中
17.jpg20.jpg

当時の街の様子(ランプが点いている所がルターの生家です)
19.jpg

当時の部屋の様子を再現しています。
23.jpglt="27.jpg" />21.jpg

マルクト広場にあるルター像
15.jpg
後ろに少しだけ見える教会で演奏しました。

ルターが亡くなった家
10.jpg
中庭を抜けた奥にあるミュージアム
14.jpg12.jpg


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

リサイタル終了しました。 [音楽]

リサイタルが無事に終了いたしました。
猛暑の中お越し頂いた皆さん、応援して頂いた皆さん、有難うござました。
まず第一弾として、写真をアップします。
20793500_1947924638816794_986038839_o.jpg52_o.jpg" />
20813128_1947924698816788_1697047252_o.jpg
20773311_1947924468816811_1639544269_o.jpg20793549_1947924745483450_1861230363_o.jpg20747449_1947924625483462_319678070_o.jpg20806906_1947924785483446_1771325019_o.jpg
20773428_1947924802150111_1808892394_o.jpg
20773543_1947924878816770_2090095692_o.jpg20771609_1947924865483438_1166326697_o.jpg
20813492_1947924818816776_1162348801_o.jpg
20794827_1947924895483435_559965615_o.jpg20773564_1947924888816769_125971928_o.jpg
20793799_1947924918816766_222295417_o.jpg
20773273_1947924612150130_1822081790_o.jpg


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

及川寛繁オーボエ・リサイタル(8月9日銀座ヤマハホール)のお知らせ [音楽]

8月9日(19時開演 銀座ヤマハホール)のリサイタルのリハーサルをしています。まだチケットありますので、よろしかったらお越し下さい。
https://www.yamahaginza.com/hall/event/002830/

http://blog.so-net.ne.jp/_pages/user/auth/article/index?blog_name=tommy-room1&id=100662043

Oikawa_2017_Flyer_FINAL_web-omote.jpgOikawa_2017_Flyer_FINAL_web-ura.jpg
20287207_1428122587264168_7896938174831038817_o.jpg20286751_1428122350597525_2091431330534329676_o.jpg
20448963_1428122130597547_5470447349336141474_o.jpg20369116_1428122820597478_4205733686389421080_o.jpg

ヤマハホールの客席 ↓
1.JPG
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

第10回及川寛繁オーボエ・リサイタルのお知らせ [音楽]

皆さんこんにちは。
恐縮ですが、今日は毎年夏に日本で行っている、「及川寛繁オーボエ・リサイタル」のお知らせです。
https://www.yamahaginza.com/hall/event/002830/

Oikawa_2017_Flyer_FINAL_web-omote.jpgOikawa_2017_Flyer_FINAL_web-ura.jpg
1.JPG

今年で10回目になるリサイタルは、8月9日(水)に去年と同じ銀座のヤマハ・ホールで行うことになりました。
今回は5年ぶりにハープとも演奏します。
共演して頂くハープ奏者は、2012人に出演頂いた佐藤理絵子さんです。
前回は武蔵野音楽大学の院生でしたが、大学院を卒業した現在はハープ奏者として活躍されています。
リサイタルの前半はハープとドビュッシーやパスクリなどの作品を演奏します。
フランスの柔らかい響きやイタリア、フランスの名曲アリアをお楽しみください。

そして後半のピアノとのデュオでは、今年もイケ面ピアニストの垣内敦さんに出演頂きます。
日本人の作曲家、平尾貴四男のオーボエ・ソナタとポンキェルリ作曲のカプリッチオ(奇想曲)を演奏します。この2曲は彼らの作品の中で最も親しまれている曲でもあります。

暑い夏のひと時を、オーボエ・ハープ・ピアノのトリオに耳をかたむけて頂けると嬉しいです。
東京銀座でお待ちしています。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

教会コンサート [音楽]

先週の水曜日はブラームスの「ドイツ・レクイエム」を、そして土曜日にはハイドンの「天地創造」を教会で演奏しました。

この時期はキリスト教関係の祝日が多く、教会での演奏会も増えます。
それに加え、土曜日はドイツでは「教会の日」(プロテスタント系キリスト教)だったので、色々な街の教会で何かしら催し物があったのではないでしょうか。
我々のコンサートでも普通に「天地創造」を演奏するのではなく、神が天地を造るそれぞれの場面を、歌詞に合わせてスライド写真も写しだしていました。
クラッシック音楽は少々難しいので、こういう視覚入りで音楽を聴くとより面白くなるのではないでしょうか。

ここはブラームスを演奏した教会です。
DSC_0016.JPG

ここはハイドンを演奏した教会。
DSC_0048.JPG
DSC_0065.JPG
DSC_0045.JPGDSC_0044.JPG

正面玄関の上にあるオルガンも照明が点くと雰囲気が少し変わります。
DSC_0086.JPGDSC_0063.JPG

教会のコンサートでは、普段は入れない礼拝堂の奥にも入ることが出来ます。
礼拝堂とその後ろから客席に向かって撮った写真です。
DSC_0064.JPGDSC_0079.JPG

奥には部屋がいくつかあり、簡単な台所もあります。(笑)
DSC_0082.JPGDSC_0081.JPG

これは演奏している時に映し出されるスライド写真です。
DSC_0057.JPGDSC_0085.JPG
神様は当然出てきますが、イモ虫も出てきます。(笑)

今回演奏したハイドンの楽譜で、譜面をめくって直ぐにソロというシチュエーションがありました。
DSC_0040.JPGDSC_0041.JPG
譜めくりに4秒程度しか無く、しかもこの古~い紙が破れないように速くめくるのに気を使いました。こんなことで本番にドキドキしたくないですね。(笑)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シューベルト 交響曲9番C-dur「ザ・グレイト」 [音楽]

昨日までの3日間は定期演奏会でした。
プログラムはウェーバー:序曲「オベロン」、ブラームス:ハイドン・バリエーション、そしてシューベルト:交響曲9番(C-dur)という、ドイツ系の演奏会でした。
ブラームスはソロが沢山あって大変なんですが、シューベルトは長くて大変でした。(笑)
シューベルトは曲自体が約50分あり長いのですが、それだけではなくオーボエ・パートは休みが少ないので大変シンドい曲です。
それを3日間演奏したので疲れました。(汗)

見て下さい、この弦楽器のパートのような楽譜。
Schubert (1).JPGSchubert (2).JPG
管楽器の楽譜としては極端に休みの少ない楽譜です。
ロマン派のシューマンでは、この様なほぼ吹きっぱなしの交響曲は多いのですが、ウィーン古典派の時代でこの様に管楽器が使われることは珍しいですね。
シューベルトの交響曲8番「未完成」(h-moll)とは木管楽器(特に1番オーボエ)の使われ方が明らかに違います。

これは「未完成」交響曲(h-moll)の楽譜です。
Schubert (3).JPG
実際に演奏するとよく分かるのですが、
このh-mollはオーケストラがTuttiでフォルテを演奏する時以外は、ほぼ目立つ部分だけ演奏します。つまり木管楽器(1番オーボエ)をソロ楽器として扱っています。
しかしC-durでは木管楽器群が常に演奏しています。
そのため、オーケストラ全体のメリハリ、それから木管楽器のそれぞれの音色の違いが感じられないので、h-mollと比べると変化の少ない曲に感じる人がいると思います。
まぁメロディ(特に第2楽章のメロディ)は綺麗なんですがね。(笑)
ちなみに、h-mollの楽譜は3ページですが、C-durは19ページ(今回演奏した楽譜)もありました。
h-mollは2楽章しかないので、単純に倍にしても6ページなので違いは明らかですね。


この演奏会の前に左の手の人差し指を切ってしまい、絆創膏をしたまま演奏したのですが、以外にもこの絆創膏が目障りですごく演奏しずらかったので、2日目からは外して演奏しました。
1-2.JPG1.JPG
オーボエ吹きの人は左手の人差し指は怪我しないように気を付けて下さい。(笑)


土曜日は気分転換に本番前にフィットネスに行ったのですが、その帰りに人だかりを発見しました。サッカー・チームのバイエルン・ミュンヘンがホテルから試合会場に向かうため丁度バスに乗り込むところでした。
2.JPG3.JPG
4.JPG

どこに行っても彼らはVIP待遇みたいですね。



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Jazz & German Pops [音楽]

みなさん こんにちは。

3月上旬に引っ越してから(引っ越す前もですが)、部屋の掃除や家具の組み立てなどせわしない日々が続いていますが、先日は定期演奏会(クラッシック音楽)を挟んで2つのポップス・コンサートを行いました。

一つ目はムソルグスキー作曲の「展覧会の絵」ジャズ・バージョンを演奏しました。演奏した町はとても小さいのですがジャズが盛んな街で、今秋にはABBAもここに来るみたいです。
Reichenbach (1).JPG
Reichenbach (2).JPGReichenbach (4).JPG


そして2つ目はケムニッツ(Chemnitz)という街で演奏してきました。
ザクセン州にあるこの街は、東ドイツ時代はカール・マルクス・シュタット(Karl Marx Stadt)という名前で、第2次世界大戦の時に街の殆んどが破壊され、昔の建物は少ししか残っていません。今は旧東ドイツ時代の建造物が多く残っているだけで、観光客はあまり見かけませんでした。
     まさにこれは旧東独時代に建てられた建造物ですね。
Chemnitz (2).JPG
中央の銅像(顔のみ)はカール・マルクスです。

           ここは演奏したホールです。
Chemnitz (3).JPG

この街では「展覧会の絵」J.v.ではなく、(有名かどうかは分かりませんが)サザンの様なバンドのオーケストラ演奏でした。この様なコンサートでは必ずマイクを装着するので、ソロの部分を演奏している時は軽く吹くだけで音が会場中に響きわたり、とても気持ちが良いです。(笑)
Chemnitz (11).JPG
Chemnitz (8).JPGChemnitz (7).JPG

   白いピアノはポップスならではです。       楽譜は電子書籍でした。
Chemnitz (16).JPGChemnitz (15).JPG

ミラー・ボールもありました。
Chemnitz (18).JPGChemnitz (17).JPG

今回の楽譜には色々と面白い標記(間違い)があったのですが、「これは演奏不可能でしょ。」というのもありました。(笑)
Chemnitz (19).JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年2月定期演奏会 「Very british」(とってもイギリス 笑) [音楽]

先日の定期演奏会では「Very british」と題して、ブリテンのシンプル・シンフォニー、エルガーの弦楽のためのセレナーデ、デリアスの「楽園への道」、そしてウォーロックのカプリオール組曲などのイギリスの作品+アメリカの作曲家クレストンのマリンバと管弦楽のためのコンチェルティーノを演奏しました。
DSC_0046.JPG

今回はリハーサルが始まる前日に、「今回の定期演奏会はラジオ放送されます。」という知らせが来るという、何とも恐ろしい演奏会でした。(笑)
放送と言っても生放送ではなかったので、G.P.も録音していました。

今回演奏したデリアス(F.Delius)の「楽園への道」(The Walk to the Paradise Garten)はあまり知られていない曲ですが、形式ばらなく自由な感じがする曲です。
Delius (1).jpgDelius (2).jpg
この作品は10分くらいの曲で、オペラの間奏曲として書かれました。
しかしこのオペラが上演されることは殆んど無く、この間奏曲だけが単独でたびたび演奏されます。
「 カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲(インテルメッツォ・シンフォニ コ)と同じですね。
イギリスというよりは、ドビュッシーの様な少しフランス風の印象を受けるとても良い作品です。

そして一曲だけイギリスではない曲が、クレストン(P.Creston)作曲「マリンバと管弦楽のためのコンチェルティーノ」です。
クレストンというと、学生時代にサキソフォーンの学生がよく練習していた、サキソフォーン・ソナタを真っ先に思い浮かべるのですが、今回の演奏会ではマリンバの曲でした。
打楽器の曲ならではのノリの良いリズミックな面白い曲です。
恐らくマリンバ奏者にとっては、重要なレパートリーの一つなのではないでしょうか。
今回の指揮者は年配の人(オランダ人)だったので、この曲を指揮するにはちょっと大変そうでした。(笑) 吹奏楽の現代曲で鍛えられているからかもしれませんが、リズムに関してはやっぱり日本人の方が正確ですね。

「Very british」というテーマだったので、アンコールはもちろんエルガーの「威風堂々」でした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。