So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドイツの暖房事情 [カルチャー]

皆さんこんにちは。

日本はこのところ寒暖の差が激しく大変ですが、ここドイツも日本と同じ様に14~15℃の暖かい日があったと思ったら、翌日には雪が降ったりと今年はちょっと天気が安定しませんね。
でもある意味、三寒四温なのかもしれません。(笑)
こういう時は暖房のセッティングが難しいと思いますが、いかがですか?
ドイツの暖房はHeizung(ハイツンク 温水暖房)と言って、建物にある湯沸かし器で水を温め、そしてそのお湯がパイプを通り各部屋にあるヒーターに送られます(オイルを流すヒーターもあります)。

窓の下にある長方形の物体がヒーターです。
H1 (2).jpgH1 (1).jpg

温度はヒーターに付いているメモリで調節します(上から見たメモリ)。
H1 (3).jpg


出かける時も弱く点けておくと、帰ってきた時に家の中はほどよく暖かくなっています。
ドイツは寒い国ですが、家の中は暖かいので、外に出る用事がない人にとっては(そんな人いるのかどうか分かりませんが 笑)、冬でも過ごしやすいと思います。(笑)

そしてどのヒーターのメモリにもある、0と1の間の雪の結晶みたいなこのマーク、みなさんは何のためだと思いますか?
H1 (7).jpg

これは暖房をOFFにしている時に、気温が低くなり氷点下になった時、自動でお湯が入ってくる為のメモリです。このシステムは各部屋を暖めるというよりは、外が-15℃とか寒くなると配管の中の水が凍ってしまい、最悪の場合は配管が破裂してしまいます。それを防ぐためにこの様なシステムがあります。ドイツは寒い国なので、暖房にもこういう工夫がされています。

ドイツの暖房事情を理解して頂けたでしょうか。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。