So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古城コンサート [音楽]

昨日、綺麗に改装された小さなお城(宮殿)で、管楽器だけで演奏会をしてきました。

1.jpg2.jpg
4.jpg3.jpg
Schloss (4).jpg
毎年夏になると煙突の上の巣で子育てをするそうですが、今年は丁度この日にやって来たそうです。

Schloss (5).jpgSchloss (6).jpg
                    ここは控室

今回演奏した曲は、モーツァルトのセレナーデKV375(八重奏)、グノーの小さな交響曲(九重奏)、そしてR.シュトラウスのセレナーデ(13管)でした。
          モーツァルトのリハーサル
Schloss (1).jpg

        グノー            R.シュトラウス
5.jpg8.jpg

グノーの九重奏もモーツァルトの八重奏もいい曲なんですが、一番気に入ったのはR.シュトラウスのセレナーデでした。これは彼の若い時の作品で曲の構成は複雑ではないのですが、ハーモニーの移り変わりや曲の盛り上がりが自然で、それぞれの楽器の響きもとても良く引き出されています。モーツァルトのグラン・パルティータを意識して作ったとも云われています。中間部にカデンツァ的なオーボエのソロがあるところもオーボエ奏者としては良いのかもしれませんね。(笑)
(ちなみに、R.シュトラウスは後に同じ楽器編成でもう一曲書いてます。)
この曲はCDなどで聴く機会はあると思いますが、実際に演奏して響きの中に入ってみると、とても吹き心地の良い曲でした。
またいつか演奏したい曲です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。