So-net無料ブログ作成

2018年 定期演奏会 モーツアルト:協奏交響曲 [日常]

週末の3日間はモーツァルトの協奏交響曲(Sinfonia Concertante)KV297を演奏しました。
1.jpg

4人の名管楽器奏者のために書かれたこの協奏交響曲は、パリで初演される予定でしたが、実際には演奏されず、楽譜も紛失してしまいました。
これはフルート、オーボエ、ホルン、ファゴットのために書かれた曲でしたが、音楽学者オットー・ヤーンの遺品から編成の違う、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための楽譜が見つかりました。
これがモーツァルト自筆譜ではなく筆写譜だったため、紛失した彼の協奏交響曲かどうか今でも議論されています。
しかし演奏者の立場からしてみると、部分的に単純な所もありますがモーツァルトの作品なんじゃないかなぁ と思いました。

      ソリストの4人           自分、指揮者、クラリネット奏者
4.jpg2.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。