So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メンデルスゾーン 「パウルス」(Paulus) & 日本の日(Japan Tag) [音楽]

先週末の教会コンサートでメンデルスゾーンの「パウルス」を演奏してきました。
もともと、この地域ゆかりの作曲家メンデルスゾーンの曲はよく演奏するのですが、今回のパウルスは初めての演奏でした。
長い曲(2時間半くらい)なので、数曲カットして演奏したのですが、それでも(途中休憩5分を入れて)2時間以上の長丁場でした。

ここは以前もご紹介した教会です(年に一回くらいここで演奏します)。
1.JPG

今回はセルパン(音域はチューバと同じ)のパートを、セルパン或いはチューバではなく、ユーフォニウムの様な、チューバの様な、オフィクレイド(Ophikleide)という楽器で演奏していました。
2.JPG

色々な楽器があるもんですね。



そして同じ先週末にはザクセン独日協会の25周年を記念して、「日本の日」(Japan Tag)と題してミニ " 和の祭典 "が行われました。

1.jpg
会場の前を通った時には日本人の方々が集まり始めていました。

会場では市長、独日協会会長、それに駐独特命全権大使のスピーチの他に、子供たちが日本の童謡を歌ったり、和太鼓グループの演奏があったりと、色々な " 和 " の文化が楽しめました。
自分らも " おにぎり " (100コ程)を作ってミニ " 和の祭典 " をお手伝いしました。

鏡開きも行われました。
12048879_904078886335210_604511069_n.jpg
独日協会副会長、同会長、市長、駐独特命全権大使、独日協会連盟会長(左から)


あ~ めでたい めでたい。



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Gastspielreise(Bodensee)  演奏旅行(ボーデン湖) [音楽]

昨日まで6日間、避暑地のボーデン湖へ演奏旅行に行って来ました。
バスで長時間の移動でしたが、最初のコンサートの前日に現地入りし、最後のコンサートの翌日に戻ってきたので、少し楽できました。(笑)
今回は4日間同じプログラムだったので、音響のチェックくらいのリハーサルしかなく、中には他の街に観光に行く同僚もいました。

プログラムは
モーツァルト:序曲「フィガロの結婚」
モーツァルト:ピアノ協奏曲17番KV453
ベートーベン:交響曲7番

実は今回ピアニストが病気になり、急きょ代役が演奏することになりました。
初日のピアニスト無しのリハーサルでは26番KV537を合わせたのですが、2日目のリハーサルは、ピアニストの都合で曲が17番に代わり、みんなで初見大会のリハーサルになりました。
(まぁモーツァルトの曲だから出来ることですが・・・。 笑)
次の日にリハーサルに行ったら曲が代わってた ということですね。(笑)
モーツァルトの曲はたくさん演奏してきましたが、この曲は今回が初めてでした。


ここは初日に演奏した教会です。
DSC_6634.JPG
DSC_6632.JPGDSC_6626.JPGDSC_6622.JPG
ピアノは珍しくBechstein(ペヒシュタイン)でした。


2日目はボーデン湖の湖畔にある小さな会場で演奏しました。
DSC_6685.JPG
DSC_6665.JPGDSC_6667.JPG

ドイツでは珍しい笹が茂っていたので、思わず笹船を作ってしまいました。
DSC_6677.JPGDSC_6683.JPG

笹船を作ったのは自分が子供のとき以来かな。(笑)



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

教会コンサート 2015秋 [音楽]

昨日は山の上にある教会でコンサートでした。

プログラムは、
色々な合唱曲の抜粋とベートーベンのSym.5番「運命」。
この「運命」は何回演奏しても熱くなる曲で、最も好きな交響曲の一つです。

この教会では何回か演奏したことがあるのですが、外観といい内装といい、とても雰囲気の良い教会です。
DSC_6663.JPGDSC_6659.JPG
DSC_6631.JPGDSC_6633.JPG

壁には歴代の牧師さん(と思います 笑)の肖像画が飾ってあります。
DSC_6647.JPGDSC_6641.JPG

山頂には昔の要塞も残ってたので空時間に行ってみました。
そこからの見晴らしもとてもいいものでした。
DSC_6665.JPG



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

日本での演奏会 2015年 [音楽]

みなさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?
日本での演奏会を終え、ドイツに戻ってきました。

日本で最後の演奏会の翌日にはドイツへ戻らなけてはならなかったので、今回は全く遊べませんでした。(笑)
しかし山形県鶴岡市での演奏会の後に、地元の方に街を案内して頂き、とても良い所だということ知りました。鶴岡が大好きな時代劇作家の藤沢周平の故郷ということも知り、とてもいい演奏旅行になりました。ご案内して頂き有難うございました。

演奏会の写真などをアップするので、よろしかったらご覧ください。


横浜みなとみらいホール(小ホール)でのリサイタル。(8月12日)
たくさんの方にいらして頂き、いい雰囲気の中終了しました。有難うござしました。
ゲネプロ
IMG_1798.JPG
2-1.jpgoikawa3.jpg
みなとみらいホール(外観)   お蔭様で、今回もたくさんの方にご来場頂きました。

DSC03968.jpg9.jpg
長尾洋史さん(Pf.)、山田知史さん(Fg.)と     ライプツィヒで知り合った友人と  
        
演奏会後は、綺麗な夜景が見えるホテルに泊まりました。
2.jpg
翌朝
9.jpg



鶴岡への演奏旅行(8月2日)
11800296_877569292319503_5753942179351208094_n.jpg11230779_877568945652871_4699885463075106934_n.jpg
ピアニストの長尾洋史さんとツーショット。
11752460_877568948986204_6270325141992199579_n.jpg
演奏会後に案内して頂いた羽黒山
11825075_877568972319535_2725757691282958786_n.jpg11796204_877569242319508_5357752300641795402_n.jpg

      国宝五重塔         千年杉
11800257_877568995652866_7944064265800062530_n.jpg11260408_877568988986200_6198463744930017262_n.jpg11831699_877569072319525_7899005000460780165_n.jpg

偶然にも、帰りの飛行機で鶴岡の出羽三山のドキュメンタリー番組が観られました。
11911489_888314454578320_48667667_n.jpg11911152_888314514578314_1342011889_n.jpg11911805_888314601244972_314504329_n.jpg11924699_888314677911631_1095980261_n.jpg



鎌倉にある藤原大さんのスカイ・ボート・ギャラリーで、質疑応答の出来る演奏会。(7月26日)
2.jpg
1.jpg11781879_875422832534149_5470771794520191980_n.jpg
藤原大さんとのツーショット    ギャラリーの庭から見下ろす湘南の海



池袋にある「残心」という名の居酒屋に行って来ました。
剣道愛好家にとっては行ってみたくなる名前ですね。(笑)
DSC_0094.JPG
DSC_0083.JPGDSC_0087.JPG
DSC_0095.JPGDSC_0100.JPG
                                 剣道の試合を観ることが出来ます。



日本に着いた日が七夕だったので、
羽田空港には短冊がかけられる竹がたくさん置いてありました。(7月7日)
DSC_0034.JPG
DSC_0050.JPG
DSC_0042.JPGDSC_0062.JPG



nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

R.ワーグナー 交響曲ハ長調 [音楽]

ご存知の方も多いと思いますが、先週の5月22日はR.ワーグナーの誕生日でした。
それにちなんで " ワーグナー誕生日週間 " とでも言うのでしょうか、昨日はワーグナーの交響曲ハ長調と " Das Liebesmahl der Apostel " (使徒の愛餐)を演奏しました。

0.JPG

ワーグナーの交響曲ってどんな曲? って思う方も多いと思います。
自分は今回演奏するまで、ワーグナーの交響曲は聴いたことがありませんでした。
実際に演奏してみると、ベートーベン? メンデルスゾーン? と感じる所が多々有り、ワーグナーっぽい響きは第4楽章に少し出てくるだけでした(と自分は感じました)。
作曲者を知らずに演奏していたら、恐らくワーグナーとは気が付かなかったと思います。
この作品は、彼がまだ19才という若い時に作られた曲なので、ワーグナー独特の重厚な響きや気持ちが高揚してくるようなサウンドは無く、どちらかというと簡潔でリズミックなイメージです。しかし19才の時の交響曲としてはしっかりした作品なので、機会があったら聴いてみて下さい。

今回の演奏会ではコントラファゴットと、以前ご紹介したセルパンという楽器が入りました。
以前のセルパンの記事はこちら
コントラファゴット        セルパン
7.JPG6.JPG


ここは演奏した教会です。
1.JPG
2.JPG
教会内は全体的に木のぬくもりを感じる作りで、珍しく入り口の上ではなく祭壇の後ろにオルガンがあります。

建物の横には庭があり、この季節にはバーベキューでも出来そうです。(笑)
3.JPG

  演奏会前              演奏会後
4.JPG5.JPG
演奏後は日が暮れて、この様に雰囲気はとても良い感じでした。


こちらは2回目に演奏した教会です、こちらもとてもいい雰囲気でした。
12.JPG13.JPG

この小さな教会では合唱隊がオーケストラの後ろではなく2階席で歌ったので、教会全体で音楽が鳴り響く というような演奏会になりました。





nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

2015年8月12日 オーボエ・リサイタル in 横浜みなとみらいホール [音楽]

みなさんこんにちは。
今日は私事で失礼します。

今年の夏もまた日本でリサイタルを行くことになりました。
第3回まで演奏していた、横浜のみなとみらいホール・小ホールにて8月12日に演奏します。
Oikawa2015FlyerWeb.jpegOikawa2015FlyerWeb2.jpeg


「バロックそして現代」と題した8回目の今回は、
前半はオーボエが活躍していたバロック時代の音楽、特に今年1000年を迎えるライプツィヒ市に関係した作曲家J.S.バッハ、テレマン、隣街のハレ市出身のヘンデルの楽曲を中心に演奏します。
そして後半はピアノとのデュオで日本とフランスの現代曲(篠原眞:「オブセッション」、デュティユー:オーボエ・ソナタなど)です。
オーボエは甘~い音色で綺麗なメロディーを演奏するというイメージがありますが、今回はその常識を打ち破った名曲を演奏致します。
共演者は、以前リサイタルで出演して頂いた方々です、また彼等とアンサンブル出来るのでとても楽しみです。

山田知史 ファゴット(東京都交響楽団)
平井み帆 チェンバロ
矢田佳子 ピアノ

真夏の夜に趣のある横浜港でクラシック音楽をお楽しみ頂けたら嬉しいです。

みなさん、宜しくお願いします。
詳しくはこちら (有)トウキョウミュージックサプライ





nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

かまぼこ型ケーン400枚 [音楽]

先日歯医者に行ってインプラント(人口の歯根)を入れてきました。

この歯医者にはもう20年くらいお世話になっていますが、なかなか腕は良いらしく、一年くらい前に他の歯医者2人と共に歯科医院を設立し、新しい建物に引っ越しました。
この建物は4階建ての小さなビルで、彼らの子息たちを含め、歯医者、歯科助手、歯科技工士、アシスタントなど総勢30人ほど働いています。
普通の治療室からオペ室まで色々あり、ロビーや廊下も広々としていて、なかなか雰囲気は良い建物です(歯医者ですが・・・ 笑)。
DSC_3516.JPGDSC_3518.JPG

昔の道具などもオブジェとして飾ってあります。
DSC_1418.JPG

DSC_3519.JPGDSC_5270.JPG
歯の形をしたオブジェや絵がたくさん飾られています。


このインプラントの治療は前歯なので、仕事を一週間休みました。
その時間を利用(?)して、家でリード関係の仕事をしました。
以前買った丸材をガウジングマシーンにかけ、かまぼこ型ケーンを作りました。
DSC_5672.JPG

輪ゴムで束にするとこんなもんになってしまいます。
DSC_5676.JPG

  [右斜め上] これでも300枚位あります。
数日前にも120枚かまぼこ型ケーンを作ったので、全部で約400枚。
さすがに疲れました。

以前のリード関係の記事は ↓ こちら。
CDを聴きながら」 ガウジング・マシーンでかまぼこ型ケーンを作る
オーボエのリード その2
オーボエのリード その3 削り方
オーボエのリード その4 材料(丸材)選びから
オーボエのリード その5 かまぼこ型ケーンの選び方
オーボエのリード その6 「舟型ケーンを糸でチューブに巻きつける作業」
オーボエのリード 「削り方 微調整」
オーボエのリード 「削り方 よくある質問」
オーボエのリード 「かまぼこ型ケーンの選び方」 (動画付き)

その他
ベルリン2 丸材選び
材料選び in ベルリン
ベルリンのオーボエ職人フランクさん(Ludwig Frank)




nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

J.S.バッハ 330才 [音楽]

今日は3月21日、J.S.バッハの330回目の誕生日です。
IMG_20150321_110659.jpg

バッハが生まれた街アイゼナッハ(ドイツ)には、バッハが生まれたとされる場所の近くに博物館があり、当時の様子やバッハの様々な肖像画が展示されています。
おそらく今日はそのアイゼナハで沢山の催しが行われたことと思います。
しかしバッハが亡くなった街ライプツィヒでも、地下鉄の駅や街の所々でバッハの演奏が行われました。
トーマス教会の向かいにあるバッハ博物館では、誕生日にあやかって入場無料。
そのロビーではバッハ時代の楽器バロック・フルートとチェンバロによる、ちょっとしたコンサートが行われていました。
IMG_20150321_112217.jpgIMG_20150321_111936.jpg

 トーマス教会の中にあるバッハのお墓        教会の前にあるバッハ像
IMG_20150321_111553.jpgIMG_20150321_093844.jpg

教会の前では司祭によるケーキカットが行われ、皆さんにケーキが振舞われたそうです。
DSC_0002(2).JPG
(これは去年の写真です。)

以前このブログでご紹介した世界最古のバッハ像も、春になり雪囲いが外され、また顔をだしました。(メンデルスゾーン寄贈)
CIMG5905.JPGBach b.JPG
IMG_20150321_112922.jpg


トッカータとフーガ、小フーガト短調、G線上のアリアなどの名曲が作られて300年くらいになるんですね。この間、数えきれないほど彼の曲が演奏されてきたと思います。
色々な楽器の演奏家に息吹きを与えられ演奏されてきたことは、ホント作曲家冥利に尽きますね。





nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

定期演奏会 「北欧の響き」 Nordische Klangwelten [音楽]

先週末は定期演奏会でした。

今回の演奏会のテーマは「Nordische Klangwelten(北欧の響きの世界)」ということで、シベリウス、グリーグ、ゲーゼ、クーラウなどの北欧の作曲家の作品を演奏しました。

曲目
F.Kuhlau : Elverhoj-Ouvertuere(序曲「妖精の丘」)
J.Siberius : Karelia-Suite(カレリア組曲)
N.W.Gade : Efterklange af Ossian(オシアンの余韻)

E.Grieg : Norwegische Taenze(ノルウェー舞曲)
J.Siberius : Finlandia(フィンランディア)

今回初めてこういうプログラムを演奏したのですが、北欧の曲ってこんなにいい音楽なんだって思いました。
シベリウスやグリーグには、たくさん有名でいい曲があるのはご存知だと思いますが、ゲーゼのこの「オシアンの余韻」という曲もとてもいい作品でした。
静かで少し不気味に響く弦楽器のハーモニーで始まり、その後チェロが哀愁を帯びたメロディーで続きます。そして木管楽器がそれに加わり金管楽器を含めた行進曲風のTutti(合奏)へと続きます。中間部にはオーボエが奏でるとても綺麗なメロディーもあり、なんで今までこんなにいい曲を知らなかったんだろう と思ってしまいました。

チェロの少し悲しげなメロディー
Vcl.jpg

オーボエのソロの部分
oboe2.jpgoboe3.jpgoboe4.jpg

後半にも調性を変えて同じメロディーをオーボエが奏でます。
oboe5.jpgoboe6.jpg


「パイレーツ・オブ・カリビアン」という映画がありますが、この曲を演奏するとなぜかこの映画を思い浮かべてしまいます。北欧のバイキングを連想してしまうのか、それかもしかしたら映画の音楽がこの曲に似ているのかもしれませんね。
いい曲なので、どこかの演奏会の演目にこの曲があったらちょっと注意してみて下さい。




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

楽譜作り [音楽]

ビバルディのオーボエ・ソナタ ト短調といういい曲があり、以前から試してみたいと思っていました。でもピアノ譜しか持っていなかったので、なかなか試せませんでした。
(買った時にオーボエ譜は付いていないと言われたので)
しかし今回、一念発起してオーボエ譜を作ってみました。(笑)


先ずはピアノ譜をコピーしオーボエ譜だけを切り取って、
DSC_4599.JPG

それをのりで貼り合わせ、
DSC_4587.JPG

それをコピーして、そのコピー譜の黒く線ができた所を修正液で消して、それをまたコピーして出来上がりです。
DSC_4588.JPG

何とも面倒くさい作業ですが、楽譜が無い以上こうするしかありません。
出来上がった楽譜を演奏してみたら、(当たり前なんですが)頻繁にページをめくらなくてすむので、とても演奏しやすかったです。(笑)


こんな大変なことをしたからか、
遅ればせながらバレンタインのケーキをいただきました。
DSC_4676.JPG

そして日本からは、去年演奏した元興寺の御住職から絵馬を頂戴しました。
DSC_4696.JPGDSC_4697.JPG


有難うございました!




nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。