So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クリスマス2015 in ドイツ [カルチャー]

今年もクリスマス市場が始まりました。
8.JPG


近年日本でも12月初旬にはクリスマスの装飾がなされていますが、ここドイツでは街中だけではなく、家の中やオフィスなど、あらゆる所でクリスマスの装飾がなされます。
(日本でいうお正月の門松やしめ飾りの様なものですね。)
そこらへんは本場ドイツのクリスマスならでは ということでしょうか。
この時期になると街中はとても賑わうので、"やっぱりクリスマスはドイツで一番のお祭りなんだなぁ。" と実感します。

長年ドイツに住んでいますが、今回初めてクリスマス・マルクトのオープニング・セレモニーを観ました。(笑) セレモニーではアカペラ・コーラスや金管アンサンブル、そして子供たちの出し物もありました。
4.JPG5.JPG
7.JPGDSC_0103.JPG

建物の中からオープニング・セレモニーを観ようとしている人もいました。(点灯前)
3.jpg


平日のお昼過ぎなのに、もうこんなに人が来ています。
10.JPG11.JPG
こんなに早くからクリスマス名物のグリュー・ワインを飲んで・・・、 皆さん仕事はどうしているのでしょうか・・・。(笑)

バッハが眠るトーマス教会にも寄ってみました。
12.JPG
13.JPG14.JPG
幸運にも古楽器の合奏団が、J.S.バッハ作曲のクリスマス・オラトリオのリハーサルをしていました。バッハさんのお墓もクリスマス・モードです。
   

ショッピングモールやパッサージェもクリスマス・モードです。
15.JPG15-2.jpg

中央駅の飾りも華やかです。
16.JPG

駅の構内にはクリスマスの工芸品を扱うコーナーがあり、素晴らしい作品が沢山ありました。
18.JPG
19-1.jpg20.JPG
日本の一刀彫のような作品(写真左)や、木の厚さと位置関係で立体感を感じさせる作品(写真右)もありました。
どちらも木や光のぬくもりを感じる素晴らしい作品です。


時々こういう人も見かけます。(笑)
21.JPG22.JPG


街も自分もあと2週間はクリスマス・モード全開です。(笑)




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

東京都交響楽団50周年記念ヨーロッパツアー in ベルリン [音楽]

都響の創立50周年記念ヨーロッパツアーのベルリン公演を聴いて来ました。

DSC_7394.JPGDSC_7411.JPG
DSC_7414.JPG

前半は日本人の曲とプロコフィエフのバイオリン協奏曲、そして後半はチャイコフスキーのSym.4番というプログラムで、ソリストはレーピン(Vadim Repin)でした。
夏のリサイタルで共演して頂いた、フルートの柳原さんとファゴットの山田さんが演奏するということ、そして日本のオーケストラを生で聴くのは約25年ぶりということで、とても楽しみにしていました。
DSC_7440.JPGDSC_7451.JPG

ベルリンの街はもうクリスマスの飾り付けが始まっていました。
DSC_7400.JPG
DSC_7401.JPGDSC_7387.JPG
DSC_7381.JPG

ポツダム広場(Potsdamer Platz)には1989年に崩壊した、ベルリンの壁の一部が展示してありました。
DSC_7408.JPG

電車の中にはサックスを演奏する人がいました。
DSC_7364.JPG
さすがベルリンですね、自由な感じがします。(笑)

演奏会の前には楽器屋のフランクさんの所へ行って、しっかりリード用の丸材も物色してきました。(笑)
12287436_925607934182305_1404755902_o.jpg



この都響の演奏会とは別に、
先週「Japan Tag」(日本の日)という催し物があり、琴や三味線の演奏や日本の歌、そして着物ショーが行われました。
FB_IMG_1447200296155.jpgFB_IMG_1447200308589.jpg
DSC_6850.JPGDSC_6861.JPGDSC_7038.JPGDSC_7060.JPG


何故だか、ここのところ日本関係が続いています。(笑)



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

剣道大会 in ハレ(Halle) 2015 Halloren Cup [スポーツ]

昨日、ヘンデルが生まれた街ハレ(Halle)で行われた剣道大会に行って来ました。
2015 Halloren Cup (24).jpg


この大会は、5人で一チームの団体戦の大会です。
そして普通の団体戦とは違って、試合で勝った人がそのまま試合場に残り、対戦相手の大将に勝つまで終わらない " 勝ち抜き戦 " です。
今回は、我々の剣道グループのチームの人数が一人足りないということで、三日前に急きょ自分も出ることになりました。
ドイツに戻ってからは主に日本剣道形の練習しかしていなかったので、まともに出来るか心配でしたが、まぁなんとか試合っぽくなりました。(笑)
この大会もそうなのですが、自分の試合をするだけではなく、空き時間に審判もしなくてはいけないので試合数のわりにシンドイです。(笑)
でもみんな頑張ってくれたので、3位になる事が出来ました。

チーム苅田館(Team Karitakan)       
2015 Halloren Cup (4).jpg2015 Halloren Cup (9).jpg

審判をしているところ
2015 Halloren Cup (2).jpg2015 Halloren Cup (8).jpg

            メダル   
2015 Halloren Cup (28).jpg

ネット放送のカメラも来ていたようです。
2015 Halloren Cup (25).jpg


最後は恒例のファンキー・ショットです。
2015 Halloren Cup (10).jpg



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

フランク 交響曲ニ短調 [音楽]

昨日、定期演奏会でC.フランクの交響曲ニ短調を演奏しました。
以外にもこの曲は今回が初めての演奏でした。
いやー、 (当たり前ですが)いい曲でした。(笑)
部分的に調性がどんどん変わり、ちょっと注意をしないといけない所も有ります。
なんかフランス近代?あるいはワーグナーやフンパーディンク(ヘンゼルとグレーテルの作曲者)のような・・・。
それでいてブルックナーの様な響きも・・・。
自分にはちょっと国籍不明の曲でした。(笑)

他の曲目は、
プッチーニの「交響的前奏曲」 とウェーバーのクラリネット協奏曲ヘ短調。

「交響的前奏曲」は、プッチーニらしい繊細で心に沁みこむようなメロディと、迫力ある劇的な所を兼ね備えた作品です。この曲は時々演奏するのですが、いつ演奏しても心が洗われるようです。ホントいい曲です。

そしてウェーバーのクラリネット協奏曲。
ソリストはゲバントハウス・オーケストラの首席クラリネット奏者、アンドレアス・レーネルト(Andreas Lehnert)さんでした。ウェーバーのクラリネット協奏曲と言えば、" 派手で劇的 " というイメージですが、彼はタンギングが非常に柔らかく、ちょっと一味違う丁寧な演奏でした。
ウェーバーのクラリネット協奏曲は1番と2番両方とも好きなんですが、こういうノリの良い曲がオーボエにもあるといいなぁと いつも思います。(笑)


ところで、先日はハロウィンでしたね。
アメリカや昨今の日本と比べて、ドイツではあまり盛んではありませんが、うちの中庭には大きなカボチャが置いてありました。(笑)
DSC_3822.JPGDSC_3813.JPG

ちょっとした物ですが、微笑ましい感じですね。(笑)


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

胡桃 & 栗拾い 2015秋 [日常]

先日、胡桃と栗拾いに行った来ました。

といっても胡桃と栗の木は仕事場の裏にあるので、帰りにちょっと寄っただけですけどね。(笑)


胡桃も栗もこんな具合に落ちています。
DSC_6670.JPGkrm1.JPG
DSC_6722.JPGkr1.JPG

まだ誰も来ていなかったからなのか、10分くらいでこんなに採れました。
DSC_6673.JPG
DSC_6757.JPG

栗も胡桃も小粒ですが、ちょっとの時間でこれだけ採れるのならば十分ですね。
気軽に拾いに行けるので、すっかり秋の恒例行事になってしまいました。(笑)
来年もまたいいタイミングで採りに行けたらいいと思っています。



話しは違いますが、
10日ほど前に雪が降りました。
今年の秋は例年より暖かかったのですが、いきなり寒くなりました。
10月中旬に雪って、やっぱりドイツですね。
DSC_6694.JPG






nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

収穫祭 & Federweisser、Federroter 2015 [カルチャー]

今年も収穫祭(Erntedankfest)の時期がやってきました。
この季節は火曜日と金曜日の普通のマルクトの他に、収穫祭のマルクトもあります。


収穫祭のマルクト

DSC_6652.JPGDSC_6651.JPG

表では女性が売り子として、そして裏方では男性が黙々とパンを焼いていました。
DSC_6648.JPGDSC_6664.JPGDSC_6661.JPG

収穫祭のデコレーション
DSC_6637.JPG

そして何と言ってもここ、毎年この季節にしか飲めない発酵途中のワインを売っている店。
DSC_6645.JPGDSC_6641.JPG

Federweisser(フェーダーバイサー 白)とFederroter(フェーダーローター 赤)を両方買いました。(笑)
発酵途中なのでアルコール度が低く、炭酸入りジュースみたいなワインです。
アルコールを飲んでいる感覚が無く、ついついたくさん飲んでしまします。
今日はこれを買うために街にやって来ました、あとはつまみを買って家に帰るだけです。(笑)



こちらは普通のマルクト。

12068011_1643326852609909_813337426_n.jpg12071388_1643326402609954_2138218365_n.jpg

無造作にカボチャが置いてある所がヨーロッパっぽいですね。(笑)
12086966_1643326435943284_881305251_n.jpg

ここではチーズ、生ハムそしてサラミを買います。
12077403_1643325835943344_751312992_n.jpg12076967_1643325732610021_1303303808_n.jpg

この店では、切れ端を味見をさせてくれます。
12071606_1643325552610039_22906181_n.jpg12081530_1643325632610031_1378896455_n.jpg

そしてこのパン屋さんでは、いつもお気に入りの胡桃入りのパンを買います。
12087504_1643326775943250_241687688_n.jpg


夜は友人を呼んでFederweisser(フェーダーバイサー 白)とFederroter(フェーダーローター 赤)をいただきました。
もちろん、おつまみは夕食を兼ねたチーズ、サラミ、生ハム、そして玉ねぎケーキ(Zwiebelkuchen)です。
DSC_6628.JPG




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

メンデルスゾーン 「パウルス」(Paulus) & 日本の日(Japan Tag) [音楽]

先週末の教会コンサートでメンデルスゾーンの「パウルス」を演奏してきました。
もともと、この地域ゆかりの作曲家メンデルスゾーンの曲はよく演奏するのですが、今回のパウルスは初めての演奏でした。
長い曲(2時間半くらい)なので、数曲カットして演奏したのですが、それでも(途中休憩5分を入れて)2時間以上の長丁場でした。

ここは以前もご紹介した教会です(年に一回くらいここで演奏します)。
1.JPG

今回はセルパン(音域はチューバと同じ)のパートを、セルパン或いはチューバではなく、ユーフォニウムの様な、チューバの様な、オフィクレイド(Ophikleide)という楽器で演奏していました。
2.JPG

色々な楽器があるもんですね。



そして同じ先週末にはザクセン独日協会の25周年を記念して、「日本の日」(Japan Tag)と題してミニ " 和の祭典 "が行われました。

1.jpg
会場の前を通った時には日本人の方々が集まり始めていました。

会場では市長、独日協会会長、それに駐独特命全権大使のスピーチの他に、子供たちが日本の童謡を歌ったり、和太鼓グループの演奏があったりと、色々な " 和 " の文化が楽しめました。
自分らも " おにぎり " (100コ程)を作ってミニ " 和の祭典 " をお手伝いしました。

鏡開きも行われました。
12048879_904078886335210_604511069_n.jpg
独日協会副会長、同会長、市長、駐独特命全権大使、独日協会連盟会長(左から)


あ~ めでたい めでたい。



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Gastspielreise(Bodensee)  演奏旅行(ボーデン湖) [音楽]

昨日まで6日間、避暑地のボーデン湖へ演奏旅行に行って来ました。
バスで長時間の移動でしたが、最初のコンサートの前日に現地入りし、最後のコンサートの翌日に戻ってきたので、少し楽できました。(笑)
今回は4日間同じプログラムだったので、音響のチェックくらいのリハーサルしかなく、中には他の街に観光に行く同僚もいました。

プログラムは
モーツァルト:序曲「フィガロの結婚」
モーツァルト:ピアノ協奏曲17番KV453
ベートーベン:交響曲7番

実は今回ピアニストが病気になり、急きょ代役が演奏することになりました。
初日のピアニスト無しのリハーサルでは26番KV537を合わせたのですが、2日目のリハーサルは、ピアニストの都合で曲が17番に代わり、みんなで初見大会のリハーサルになりました。
(まぁモーツァルトの曲だから出来ることですが・・・。 笑)
次の日にリハーサルに行ったら曲が代わってた ということですね。(笑)
モーツァルトの曲はたくさん演奏してきましたが、この曲は今回が初めてでした。


ここは初日に演奏した教会です。
DSC_6634.JPG
DSC_6632.JPGDSC_6626.JPGDSC_6622.JPG
ピアノは珍しくBechstein(ペヒシュタイン)でした。


2日目はボーデン湖の湖畔にある小さな会場で演奏しました。
DSC_6685.JPG
DSC_6665.JPGDSC_6667.JPG

ドイツでは珍しい笹が茂っていたので、思わず笹船を作ってしまいました。
DSC_6677.JPGDSC_6683.JPG

笹船を作ったのは自分が子供のとき以来かな。(笑)



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

教会コンサート 2015秋 [音楽]

昨日は山の上にある教会でコンサートでした。

プログラムは、
色々な合唱曲の抜粋とベートーベンのSym.5番「運命」。
この「運命」は何回演奏しても熱くなる曲で、最も好きな交響曲の一つです。

この教会では何回か演奏したことがあるのですが、外観といい内装といい、とても雰囲気の良い教会です。
DSC_6663.JPGDSC_6659.JPG
DSC_6631.JPGDSC_6633.JPG

壁には歴代の牧師さん(と思います 笑)の肖像画が飾ってあります。
DSC_6647.JPGDSC_6641.JPG

山頂には昔の要塞も残ってたので空時間に行ってみました。
そこからの見晴らしもとてもいいものでした。
DSC_6665.JPG



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

日本での演奏会 2015年 [音楽]

みなさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?
日本での演奏会を終え、ドイツに戻ってきました。

日本で最後の演奏会の翌日にはドイツへ戻らなけてはならなかったので、今回は全く遊べませんでした。(笑)
しかし山形県鶴岡市での演奏会の後に、地元の方に街を案内して頂き、とても良い所だということ知りました。鶴岡が大好きな時代劇作家の藤沢周平の故郷ということも知り、とてもいい演奏旅行になりました。ご案内して頂き有難うございました。

演奏会の写真などをアップするので、よろしかったらご覧ください。


横浜みなとみらいホール(小ホール)でのリサイタル。(8月12日)
たくさんの方にいらして頂き、いい雰囲気の中終了しました。有難うござしました。
ゲネプロ
IMG_1798.JPG
2-1.jpgoikawa3.jpg
みなとみらいホール(外観)   お蔭様で、今回もたくさんの方にご来場頂きました。

DSC03968.jpg9.jpg
長尾洋史さん(Pf.)、山田知史さん(Fg.)と     ライプツィヒで知り合った友人と  
        
演奏会後は、綺麗な夜景が見えるホテルに泊まりました。
2.jpg
翌朝
9.jpg



鶴岡への演奏旅行(8月2日)
11800296_877569292319503_5753942179351208094_n.jpg11230779_877568945652871_4699885463075106934_n.jpg
ピアニストの長尾洋史さんとツーショット。
11752460_877568948986204_6270325141992199579_n.jpg
演奏会後に案内して頂いた羽黒山
11825075_877568972319535_2725757691282958786_n.jpg11796204_877569242319508_5357752300641795402_n.jpg

      国宝五重塔         千年杉
11800257_877568995652866_7944064265800062530_n.jpg11260408_877568988986200_6198463744930017262_n.jpg11831699_877569072319525_7899005000460780165_n.jpg

偶然にも、帰りの飛行機で鶴岡の出羽三山のドキュメンタリー番組が観られました。
11911489_888314454578320_48667667_n.jpg11911152_888314514578314_1342011889_n.jpg11911805_888314601244972_314504329_n.jpg11924699_888314677911631_1095980261_n.jpg



鎌倉にある藤原大さんのスカイ・ボート・ギャラリーで、質疑応答の出来る演奏会。(7月26日)
2.jpg
1.jpg11781879_875422832534149_5470771794520191980_n.jpg
藤原大さんとのツーショット    ギャラリーの庭から見下ろす湘南の海



池袋にある「残心」という名の居酒屋に行って来ました。
剣道愛好家にとっては行ってみたくなる名前ですね。(笑)
DSC_0094.JPG
DSC_0083.JPGDSC_0087.JPG
DSC_0095.JPGDSC_0100.JPG
                                 剣道の試合を観ることが出来ます。



日本に着いた日が七夕だったので、
羽田空港には短冊がかけられる竹がたくさん置いてありました。(7月7日)
DSC_0034.JPG
DSC_0050.JPG
DSC_0042.JPGDSC_0062.JPG



nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

バーベキュー in ガーデン [日常]

みなさんこんにちは。
日本はもうそろそろ梅雨に入る頃でしょうか。
ここドイツはとってもいい季節です。
みなさん自分のガーデンに行って、好みの花や野菜を植えて畑仕事に励んでいます。
ほんとガーデニングが大好きですね、ドイツの人は。(笑)
DSC_6468.JPGDSC_6469.JPGDSC_6501.JPGDSC_6509.JPG
                              

先日知人のお医者さん(日本人)のガーデンに招かれ、バーベキューをしてきました。そこには他にも何人か招かれていて、サッカーをしている日本人の方とその家族も来ていました。
サッカー選手Mさんは今年の一月から今のチームでプレーをしているそうで、先日彼らの試合を観に行ったばかりでした。
DSC_5398.JPGDSC_5421.JPG

皆さん気軽に家族で応援に来ています。Lokomotiv(機関車)というチーム名にちなんで、LOKのついた車のナンバーをたくさん見かけました。
地元の(自分たちの)チームという意識が高いんでしょう きっと。
DSC_5353.JPGDSC_5459.JPG


偶然ですが、サッカー選手のMさんとお医者さんのSさんは横浜市の市が尾という街に縁のある人達でした。
自分は市が尾高校に通っていましたが、Mさんも市が尾で育ち隣の駅のE高校へ、そしてSさんは市が尾駅からバスでT学園高校に通っていました。
DSC_6445.JPG

随分ローカルな話なのでみなさん分からないと思いますが、ここドイツで日本のピンポイントのローカルな話が出来るとは思いませんでした。世界は狭いというか何というか・・・。(笑)



nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Viva España " スペイン万歳 "  

先日のコンサートは「Viva España」( スペイン万歳)と題して、スペインに関係する作品を取り上げた演奏会でした。指揮者がフランス人(ラテン系)だったので、特にカルメン組曲は音楽的にいい演奏になったと思います。

2.JPG
これでもか!っていうくらいポピュラーな曲が並んでいます。(笑)


このプログラムの最後に演奏した、リムスキー・コルサコフのスペイン奇想曲は、高校2年の時に吹奏楽部の定期演奏会で演奏した思い出の曲です(それ以来この曲を一度も演奏したことがなかったのが不思議なくらいです)。
当時は吹奏楽部でホルンを吹いていたのですが、この曲を「いい曲だなぁ。」と思いながら演奏していたことを覚えています。でもそれと同時に「長いなぁ。」という印象も持っていました。
今回久しぶりに演奏して「いい曲。」という印象は変わっていませんでした、しかし今回は「短いなぁ。」とも感じました。
当時の高校生の吹奏楽部員にとっては、17分もある曲は滅多に演奏しなかったので「長い」と感じたのだと思います。それから何十年、自分がオーボエ奏者になり、交響曲やオペラの演奏に慣れ、たくさんの曲を演奏してきたことが、この17分を短いと感じさせるようになったのでしょう。
リハーサルや本番の時は、当時の事(バイオリンのカデンツはサックスで演奏していたなぁ とか・・・)を少し思い出しながら演奏していました。(笑)
昔はよく管弦楽曲の編曲ものを吹奏楽で演奏していましたが、最近は吹奏楽の為に書かれたオリジナル曲を演奏するようになり、こういう経験をすることは少なくなったのかもしれません。
まっ もっともプロのオーボエ奏者を目指す人は吹奏楽はやらないのかもしれませんね(笑)。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

R.ワーグナー 交響曲ハ長調 [音楽]

ご存知の方も多いと思いますが、先週の5月22日はR.ワーグナーの誕生日でした。
それにちなんで " ワーグナー誕生日週間 " とでも言うのでしょうか、昨日はワーグナーの交響曲ハ長調と " Das Liebesmahl der Apostel " (使徒の愛餐)を演奏しました。

0.JPG

ワーグナーの交響曲ってどんな曲? って思う方も多いと思います。
自分は今回演奏するまで、ワーグナーの交響曲は聴いたことがありませんでした。
実際に演奏してみると、ベートーベン? メンデルスゾーン? と感じる所が多々有り、ワーグナーっぽい響きは第4楽章に少し出てくるだけでした(と自分は感じました)。
作曲者を知らずに演奏していたら、恐らくワーグナーとは気が付かなかったと思います。
この作品は、彼がまだ19才という若い時に作られた曲なので、ワーグナー独特の重厚な響きや気持ちが高揚してくるようなサウンドは無く、どちらかというと簡潔でリズミックなイメージです。しかし19才の時の交響曲としてはしっかりした作品なので、機会があったら聴いてみて下さい。

今回の演奏会ではコントラファゴットと、以前ご紹介したセルパンという楽器が入りました。
以前のセルパンの記事はこちら
コントラファゴット        セルパン
7.JPG6.JPG


ここは演奏した教会です。
1.JPG
2.JPG
教会内は全体的に木のぬくもりを感じる作りで、珍しく入り口の上ではなく祭壇の後ろにオルガンがあります。

建物の横には庭があり、この季節にはバーベキューでも出来そうです。(笑)
3.JPG

  演奏会前              演奏会後
4.JPG5.JPG
演奏後は日が暮れて、この様に雰囲気はとても良い感じでした。


こちらは2回目に演奏した教会です、こちらもとてもいい雰囲気でした。
12.JPG13.JPG

この小さな教会では合唱隊がオーケストラの後ろではなく2階席で歌ったので、教会全体で音楽が鳴り響く というような演奏会になりました。





nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

2015年8月12日 オーボエ・リサイタル in 横浜みなとみらいホール [音楽]

みなさんこんにちは。
今日は私事で失礼します。

今年の夏もまた日本でリサイタルを行くことになりました。
第3回まで演奏していた、横浜のみなとみらいホール・小ホールにて8月12日に演奏します。
Oikawa2015FlyerWeb.jpegOikawa2015FlyerWeb2.jpeg


「バロックそして現代」と題した8回目の今回は、
前半はオーボエが活躍していたバロック時代の音楽、特に今年1000年を迎えるライプツィヒ市に関係した作曲家J.S.バッハ、テレマン、隣街のハレ市出身のヘンデルの楽曲を中心に演奏します。
そして後半はピアノとのデュオで日本とフランスの現代曲(篠原眞:「オブセッション」、デュティユー:オーボエ・ソナタなど)です。
オーボエは甘~い音色で綺麗なメロディーを演奏するというイメージがありますが、今回はその常識を打ち破った名曲を演奏致します。
共演者は、以前リサイタルで出演して頂いた方々です、また彼等とアンサンブル出来るのでとても楽しみです。

山田知史 ファゴット(東京都交響楽団)
平井み帆 チェンバロ
矢田佳子 ピアノ

真夏の夜に趣のある横浜港でクラシック音楽をお楽しみ頂けたら嬉しいです。

みなさん、宜しくお願いします。
詳しくはこちら (有)トウキョウミュージックサプライ





nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

桜記念 & 剣道大会 2015年 [スポーツ]

みなさん お久しぶりです、お元気ですか?

ここドイツでは4月は肌寒い日が続きましたが、下旬頃から暖かくなり、やっと春らしい季節になりました。この街にある八重桜も、少し遅れてですが満開になりました。

そしてこの春の訪れと共に、今年もまた我々の剣道大会が行われました。
毎年この大会は5月の下旬に行っているのですが、今年は会場がとれなかったのでこの季節になりました。しかし思いがけず桜が満開になり、しかも晴天にも恵まれたので、清々しい気持ちで剣道をすることが出来ました。

よかったらその剣道大会と桜の写真をご覧ください。

CIMG5929.JPG
DSC_5737.JPGDSC_5888.JPG
DSC_5788.JPGDSC_5748.JPG

街中でも満開に咲く木の下で皆さんくつろいでいます。
DSC_5684.JPG

ドイツの方々は長い冬を超えて訪れる春が大好きなようですね。



そして、こちらが今年で24回目になる剣道大会です。

     みんなでウォーミングアップ          この日最初の試合
2.JPG5.JPG
                             4つの試合場で同時に始まります。

      日本の青年と対戦しました。         今年もまた二刀流と対戦しました。     
6.JPG7.jpg

19才の青年は、流石に速い動きでみんな驚いていました。こういう上手な日本人が参加してくれると大会が盛り上がるので、ホント嬉しいですね。
この日はそれ以外にも二刀流vs逆二刀流という対戦もありました。
やり易いのかやり難いのか、はたまた鏡でも観ている感じなのか・・・・・。
どんな心境だったのでしょうか。(笑)

         二刀流vs逆二刀流               上段vs中段
9.JPG10.JPG

個人戦の段の部では運よく優勝しました。(笑)
33.jpg

優勝商品として籠手を頂きました、ありがたやー ありがたやー。
そして優勝トロフィー(?)も。
この変わった風貌のオジサン、ちゃんと胴着を着て防具も着けてます。
この変なオジサンと来年の大会まで、一年間のお付き合いです。(笑)
そして参加賞のT-シャツも頂きました。
今年のモットーは「天は自ら助くる者を助く。」です。

残念ながら団体戦では優勝は出来ませんでしたが、3位なりました。
14.JPG22.jpg

                   表彰式&閉会式
18.JPG

こちらも恒例の、みんなで仲良くバーベキュー大会です。
24.JPG23.JPG

大会終了後には、持参のPCでさっそく反省会をしていました。
25.JPG


皆さん剣道大会お疲れ様でした。
また来年この大会で会いましょう。


P.S.
自分の個人戦の動画をYou Tubeにアップしたので、よろしかったらご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=JPVK1cWI1IE
二回戦
三回戦
準決勝
決勝戦




nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。